今まで使用していた印鑑の端が少しかけてしまったので

今まで使用していた印鑑の端が少しかけてしまったので、注文し創りなおすことにしました。

かけている印鑑は良くないという噂を聞いたからです。

新しい印鑑は苗字ではなく下の名前を入れたものを創りました。

自分の名前の漢字が形がすきだからです。

登録していた銀行の印鑑変更など、手間なこともあったのですが、この際なので古い口座や必要ない口座をなくして、すっきりと整理ができました。

解約しようと思ってそのままだったクレジットカードも処理したので、新しい印鑑をつくったのをきっかけに大事なものを整理しようと思うきっかけになりました。
ハンコには実印と三文判があるものの、家の中に三文判が住んでいる人数より多くあります。自分で購入したのは夫婦二人分だったのですが、どうしてなのかいつの間にか増えていったのです。ある時は学校の記念品で頂いたり、またある時はオトモダチから頂いたりしてだんだんと増えていきました。

とはいえそんなにたくさんあっても使う機会がないのですが、沿うかといって印鑑をゴミにするというのは気が引けます。

使用しない印鑑の処分というのは、何か方法があるのかなと思う私でした。
若い頃、実印をきちんと作ったことのある人はあまりいないと思っています。
つくるタイミングは人によってちがいますし、難しく考えず家にあった判子を今しばらくはそれで実印登録しておいたという人も思ったよりいてると考えます。実印の値段には幅があるものの、材質で変わったり彫り方でも変わってきます。手彫りしてもらったら、安くても1万円くらいから、10万円を超える高価なもなどもあります。

銀行印と合わせて数万円という値段が一般的に購入されている相場だと思っています。印鑑に使う素材は黒い水牛の角や、最近ではチタン合金など、欠けにくく高級感あるものが人気があります。
それから、実印と銀行印を同じ印材なのですがサイズと刻む文字を実印には氏名を、銀行印には氏を入れ、セットで販売されているものもあります。実印の存在は大事だということを忘れず、慎重に押印するように、それなりの値段の印鑑を誂え、慎重に扱う習慣をも付ける一助とすべきなのです。こうした実印は、ショッピングセンターの印鑑屋でも購入できますし、この頃は気軽にネットで購入する人も増えています。

実印などの印鑑は印材がさまざま使ってできたものが存在するのですが、中でも高級品といわれているのが象牙という素材で造られたものです。

印影のキレイさ、丈夫さ、持った感じは象牙が一番だと言われています。

近頃人気が出てきているチタン製は、デザイン性も優れ、耐熱性があるのが特長です。

価格相場は象牙とチタンは同じぐらいです。印鑑というのは、はナカナカ新しくつくる機会もないものですが、結婚や出産、相続などで新たに必要となる方も多いと思っています。
今までの経験上、近所の街の印鑑屋さんは店内に入るには勇気がいる感じで値段表示もわかりずらいので、パソコンで検索して人気があるところに注文しました。

早めに欲しいとおもったんで2~3日で手に入り助かりましたが、印鑑の文字は苗字にするか名前で掘るか、印材は何にしようかなど一つ頼むにもおもったより悩んでしまい前もって必要になることを前提に、少しでも決めておけば楽だったと思いました。

事前に自分の中でお店を決めておくと慌てずよく考えてから注文できるのでいいと思っています。

最近では印鑑は近所で簡単に手に入ります。

簡易なものでもよければ、100円ぐらいの物でも役は果たせると個人的には思っています。
しかしながら、残念なことに一般的な名字ではない私の場合、近所の100円ショップではありません。それだけでなく、近所の印鑑屋さんにもなかったので、手に入れるには注文するしかないのです。
今は、ネットで印鑑が手軽に注文できるようにな常日頃使う機会は何度もないですが、大事な局面ではサインの横に押印をするのが実印です。

手頃な三文判を登録し、実印とすることも持ちろん可能です。
実印を使用するのは大抵は大切な局面での使用が多く、重大な役割の印鑑ですので、その役目にあった良いものを用意しておきたいものです。

素材をあげれば象牙・チタン・黒水牛が多く選ばれているようです。

インターネットを使って実印を購入しました。手に入るまでは少し不安だったのですが、出来上がりをみて予想以上だったので安心しました。

印鑑を入れておくケースもセットになっていて百均ではとても買えないようなしっかりしたものでした。

高いものでないと心配だとかデパートで買わないと不安を感じる人も多いかもしれませんが、その印鑑が一つしかない存在であればネットで購入しても大丈夫という考えなので問題なく普通に購入しました。
実印が欲しいとインターネットで注文しようとした時に、セットで銀行印頼めば安くなるということでした。

それまで銀行印は適当に間に合わせの何も思わず使っていて、なぜか気になっていたので、今がそのタイミングなのだろうと思ってつくることにしました。新しい印鑑をつくるので、既製品にありがちなタテ彫りにはしないで、ヨコ彫りにしてみました。

そして、書体は吉相体にしてみました。

アタリの有り無しは、なしにしました。
大きさは、12mmの大きめを選びました。
こちらもおすすめ>>>>>実印黒水牛15mmについて